海外FXの魅力って??

サラリーマンの副業の中でも人気が高いのはFX。
時間や場所を選ばずに24時間取引できることから、根強い人気があるのです。
せっかく取引を始めるのであれば、できる限り勝率をアップさせたいものですね。

勝率を上げるためには、相場を学ぶことは勿論ですが外せないのはあなたの取引スタイルに合ったFX会社選び。
その理由は色々とありますが、スプレッドは狭めな所がオススメです。

なぜならば、スプレッドは株に例えると売買手数料にあたるからです。
スプレッドが狭ければ、手数料も安いのです。
特に1日に何度も取引される方はチェックしておくべきポイントですね。

また、スプレッドは通常だけでなく指標などの発表がある時もチェックしておくと良いです。
FX会社は国内と海外に大分されますが、海外FXは国内業者にはない魅力が。
大きな違いはレバレッジです。

国内業者は最大25倍までのレバレッジ規制がありますが、海外業者は証拠金の何百倍ものレバレッジがかけられるのです。
レバレッジが高ければ、必要な元手が少額で済むメリットがあります。

もう一つのメリットはゼロカットシステムを採用している点です。
通常の場合、ポジションを保有してる最中にロスカットが執行され証拠金以上の損失が発生すると、投資家は追証をFX会社に支払わなければなりません。

これは例えると、何千万単位の住宅ローンを抱えた状態と同じなので恐ろしいですね。
実際にFXで多額の損失が原因で、窃盗などの罪を犯したケースや破産された方も存在するほどです。

その理由は、高いレバレッジで取引していたのが原因の大半になりますね。
しかし海外FX会社の殆どは、ゼロカットシステムを採用してるため追証を受けません。
実際に私も海外FXでロスカットを受けた経験がありますが、追証を受けませんでした。

XMなどの知名度が高い会社であれば、安心して取引できるでしょう。
FX会社の収入源の大半は、売買手数料なのです。
分かりやすく説明すると「Bid」と「Ask」の差。

この差がスプレッドにあたりますね。
海外FX会社はダイレクトにインターバンク市場に繋がっているので、取引が多ければ多いほど収益が増えます。

そのため、国内業者にはないようなキャンペーンもあったりするのです。
だが、気になるのは安全性ではないでしょうか。
知名度の高い会社であればその点はあまり心配しなくても大丈夫です。

ただし、気を付けないと行けない点もあります。
それは会社の倒産リスクですね。
国内業者は信託保全制度があり、万が一倒産した場合でも投資家から預けられた資金は保全されますが海外業者はそれが無い所も多い。
会社を選ぶ時は、資金補償を公式HPで明記しているか事前に確認しておくことでリスクが軽減されますよ。

タイトルとURLをコピーしました