Exclusive Marketsが手数料の見直しに入る

副業で知られている海外FX事業者のExclusive Marketsは2021年7月現在、取引に必要とされる手数料の見直しに入りました。
というのも、日本の参加者の中には、FX取引における手数料が問題視されていて口コミにおいては手数料がかかりすぎていて利益につながらなくなりつつあり魅力が薄れているという声がありました。

そこで、Exclusive Marketsは、手数料を下げるという選択肢を取ったうえで、入金ボーナスを受け取る講座も2つの口座を用意したのです。
何故、Exclusive Marketsは2つの口座を用意したのかですが、Exclusive Marketsは3つの口座を作ることでそれぞれの口座に独立した特徴を与えたためです。

例えば、最低入金額が250万円の入金額でないと取引ができない口座であれば、海外事業者の中では最も少ない手数料でFX事業に参加することができるなどの利点があります。
こうした取り組みについてはおそらく、口座を分けて利用者の方に対して、別々にサービスを提供しなければ海外FX事業者は詐欺などの被害を訴えられる可能性があるため、もはや海外FX事業者は個別に口座を取得し、FX事業に参加している顧客の方に対応しなければ恐らく問題が発生した際対応できないのではないかと推測されます。

つまりは、最低口座にいくらの金額が入っている口座であるかを把握しておけばトレードでどの程度の収入を得られる可能性がある人物であるかを特定しているが故、トレードでトラブルが発生した場合、利用者の資産を見て解決するべき問題であるかそうではないかを判断しているのではないかと推測します。

こうした考えは別に悪い考えではなく、実は銀行なども同様に同じような考えで動いています。
高額の現金を銀行に預けている人物と少額の金額を銀行に預けている人物であれば高額なお金を預けている人物の方が銀行側はトラブルが生じた場合、現金を引き出すことなど様々な問題に対してアドバイスを送りますが、少額の金額の現金を預けた側がそこまで手厚く対応することはないのです。

このように、Exclusive Marketsは顧客がどの口座を利用してビジネスをしているかを見たうえでトラブルにおいて問題解決を図ることが可能としていて、かつ日本の顧客に向けて手数料というシビアな問題についても前向きに検討をしていることから、Exclusive Marketsは日本人の顧客獲得に向けて再度海外FX事業者として検討をしていると思われます。

タイトルとURLをコピーしました